So-net無料ブログ作成

二度とこのような [志]

この様な事ってありですか。
先日、熱が38度ありました。
咳も出るので風邪のようですが、熱が高いので病院へ行きました。
風邪ですね、薬を出します、これで終わりです。
2日たっても熱は下がりません、3日目の朝熱を測ると39度あります。
これはおかしいと思いもう一度病院へ行きました。
診察の結果インフルエンザです、と言われました。
おかしいと思った、薬を飲んでいながら熱が高くなるなんて
考えられますか。
最初にインフルエンザの検査をしていれば今頃は良くなりつつあったと思います。
最悪、と思った瞬間でした。
インフルエンザが流行していなくても疑いがある時は、検査して
と言いたいです。
高熱が続き、仕事は休まないといけないし大変な目にあいました。
二度とこのような事がないようにしたいと思いました。

子供会の [志]

年末の掃除には少し早いが、押入れの中や箪笥の中、納戸の中を掃除しました。
出るわ出るわ使ってないものが、奥にしまって忘れている物や
いつか使うだろうと思ってなおしておいた物。
二度と使う事のないもの、一番多かったのが古着。
いつか着るだろうと思っていたのが着ないまま箪笥の奥へ。
もったいないと思いつつ、リサイクルショップにも出せず捨てることにした。
ゴミ袋に入れると3袋出来た。
子供会の廃品にでも出そう、古本や雑誌、新聞紙と一緒に。
おそらく使う事はないが捨てるにはもったいない物はどうしよう。
例えば筆入れ、輪島塗の、一度も使っていない、使っていないというより
入れておく筆もない。おはしでも入れようかな、もったいないかな。
すべていただきものだが、これからは生活に必要な物以外はいらないと思う。
かたずけて置く場所がもったいない。もっと処分したら一部屋空きそうです。

大物には [志]

小さい火にしていたのにテレビに夢中になっていてお鍋を焦がしました。
魚も半分鍋にくっついて焦げ臭いにおいがします。
食べられるかな今晩のおかずなのに、しょうがない食べられる所だけ
お皿に入れよう。
今日は半分だけの魚を買ったことにしよう。
お鍋はどうしよう、焦げが落ちるかな
しばらくお湯に付けておこう。落ちなければ捨てよう。
人生思いっきりも大事だ、私の失敗は簡単にあきらめる。
人の失敗はそうはいかない、しつこく言って懲らしめる。
これが私のストレス解消法。
性格が悪い、そんなことはないこれでも正義の味方です。
一休さんではないけれど、小さな事は気にしない気にしない。
気にしていたら大物になれない、気にしなくても
大物にはなれなかったけれど。

共通テーマ:学問

漫画家を [志]

小学校の時の将来の夢は漫画家、毎日毎日飽きもしないでノートに
漫画を描き、ストーリーを考えて漫画家になった気持でした。
勉強もそこそこに漫画だけを描いていた記憶があります。
今ゲゲゲの女房のドラマを見て漫画家の過酷さも知らず漫画家を夢見て
過ごしていた小学校の頃が今思い出すと懐かしいやら、おかしいやら
でもとても良い思い出です。
ドラマの中で水木先生が言われていた言葉に、漫画家になりたい人は
沢山いる、その中で残れるのはほんのわずか、その中でも一握りの人しか
漫画家になれない。もっと早く聞いていれば私はどうしていたでしょう。
諦めていたか、私はその中の一人と思ったか。
今でも漫画の本がいっぱいで、これ以上二階に置いておくと天井が抜けると言われ
一階に漫画部屋を作りました。
漫画部屋で漫画を読む時が一番落ち着くときかも知れません。
漫画家にはなれなかったけれど、夢を持っていただけでも良かったと思います。
漫画家を目指している人ガンバレ。

思い切って [志]

冬はストーブなど使うので火災が多いのは分かりますが
夏に火災があるのは何から出火するのか不思議でした。
先日テレビである実験をされていました。20年以上使っている扇風機から
出火する瞬間や、クーラーの室外機からの出火。
私の考えでは使えるものは何年でも使う、使えている物を捨てる必要がない
と思っていました。
テレビを見ていて何年も使い古くなった電化製品も怖いなと思った瞬間でした。
電化製品に限らず捨てる事に抵抗を感じてしまう私は、着なくなった洋服
履かなくなった靴。紙袋から包装紙に至るまで、押入れを開けると
所狭しと置かれています。
思い切って捨てる事も大事だなと思いました。
今度の子供会の廃品日には古着を沢山出しましょう。
粗大ごみに出せるものは出しましょう。
物を大事にすることは良い事ですが、大事にし過ぎて失敗したのでは
何もならないから。

美人な猫 [志]

柴犬のはこの夏に14年の生涯を終えました。
生後一か月で我が家に来て以来
ヤンチャのし放題でした。散歩の時間が待ちきれなく
犬小屋を壊したこともありました。
予防注射が苦手で脱走した事もありました。
小さい時は毛がつややかで、ふさふさでまるでぬいぐるみのようでした。
それが14年もたつと人間と同じで
毛にも潤いが無くなりぱさついていました。
ブラッシングをしてやってもつやが出てきません。
顔もたるんでいるように見えました。
人間と違う所は、犬の顔にはクリームも何も付けない事です。
ひげも白くなり寝ている時間が多くなり、このような
日が続き生涯を終えました。
その代りではないのですが、今度は猫がやってきました。
かかれたり、噛みつかれたりで大騒ぎです。
かわいい顔をした美人猫です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。